肝臓の働きをサポートするタウリン

タウリンは、主にイカやタコ、貝類などの魚介に含まれる成分です。
人間の体内では心臓や肝臓、筋肉に高濃度で含まれており、目の網膜にも存在します。



この成分には、肝臓の働きを高める優れた作用があります。まず肝臓は、胆汁酸の働きを借りてコレステロールを体外に排出しています。タウリンはこの胆汁酸の分泌を促進することで、肝臓の働きを補助します。
胆汁酸の分泌量が増加すると、血液中のコレステロール値が下がるため、動脈硬化などの予防になります。

高コレステロールの食事をすると、血液中のコレステロール値が上昇しますが、同時にタウリンを摂取すればコレステロール値が下がることがわかっています。

そのため高コレステロール血症と高脂血症の予防になります。



特に中高年層は、生活習慣による脂質異常症を発症する確率が多いため、そうなる前に注意する必要があります。その他、膵臓から分泌されているインスリンの分泌を促進する働きもあります。


インスリンは血糖値を下げるために必要なため、タウリンは糖尿病の予防や改善に役立ちます。
また肝細胞の再生を促進させる働きや、細胞膜を安定化する作用があり、毎日必要量を摂ることが健康につながります。



タウリンと一緒に摂取すると効果が高まる成分は、アミノ酸やビタミンB群、そして牡蠣などに含まれる亜鉛です。
またカフェインとも相性が良く、摂取しすぎなければ体内の活動を活性化してくれるため、疲労回復につながります。